Four employees are having a meeting with international colleagues via video and telephone conference

© Continental AG

コンチネンタルの”Future Work”とは

ミライにつながる職場環境を構築するために

私たちの社会は様々な影響を受け多くの変化を経験してきており、デジタル化による影響は日に日に大きくなってきています。身の回りの製品やサービスも変化し続け、常に新しいビジネスモデルが国境に関係なく展開されています。コンチネンタルは、この変化の波に乗り成長し続ける企業であることを目指します。

この目標を達成すべく、コンチネンタルは既存の考え方や固定概念にとらわれずよりオープンな視点と共に、新しい道を歩んで行くことが求められています。コンチネンタルにおける”Future Work”とは、その目標を達成するための指針であり、以下の4つ要素により構成されています:

  • ダイバーシティ: 幅広く多様な経験、スキル、感性、考え方は、新しいアイデア、問題解決方法、新機軸を導く重要な鍵となります
  • リーダーシップ: 多分野における独創的な仕事、フラットな組織構成、ポジティブなフィードバックが飛び交う環境、風通しの良い社風を持つ職場環境は、各人財の指導力を育成させるために必要な条件です
  • フレキシビリティ: モビリティがある働き方の推進、フレックスタイム制度やサバティカル休暇制度の実施は、各社員へ柔軟性がある考え方と働き方の実現をサポートします
  • ラーニング: 各々のスキル、長所の更なる強化、キャリアディベロップメント計画に合った様々な育成プログラムや、選抜された人財への育成プログラムの提供が、デジタル化が進む環境下にて組織と共に成長していくための機会となります