Three people are working together

© Continental AG

柔軟な"働き方"の実現へ

常に実施されているトレーニングコース、海外勤務、サバティカル休暇など、コンチネンタルは社員が長期的に個々の成長を達成できるための多くの機会を提供しています。しかしながら、変化が激しい現在のビジネス環境下において、コンチネンタルでは、どのように社員一人ひとりの効率的な働き方を担保することが出来るのでしょう?

コンチネンタルでは、全ての社員が現在そして将来の課題へ挑戦することにより成長を感じ続けることが出来るようなトレーニング、アサイメント、最新のデジタルツールを提供し業務の効率化を目指すなど、様々な機会を提供しています。社員一人ひとりが柔軟な働き方を追求できるよう、eメールはPC経由のみならず、スマートフォンや携帯タブレットからでもアクセス可能であり、時差がある他国とのやり取りも円滑に出来るよう、どこでも簡単にアクセス可能な電話会議システムやインターネット経由のウェブ会議システムを提供しています。 また、社員間で指定時間にやり取りが困難な場合は、社内SNS(ConNext)にて、意見交換、書類の共有、個々の経験を活かした独創的な提案とそれらへのフィードバックなど、様々なコミュニケーションを図ることが出来ます。また、ConNextを通して、国内のみならず各国のコンチネンタル社員とやり取りができ、グローバルな職場環境を体感し国境を越えたネットワーキングを組むことも出来ます。コンチネンタルにおける“既存の枠にとらわれない働き方”とは、全社員が、柔軟な働き方を可能とする職場環境下にて革新的なアイデアと創造性を養い、明日への課題へチャレンジすることを目的としています。

​​​​​​