Continental AG
© Continental AG

Yuanrun T.

テクノロジーチーフエンジニア
ヒューマンマシンインターフェース


まだ世の中にないものを製品化する仕事

© Continental AG

私は今、車内のディスプレイやメーターなどHMI(ヒューマンマシンインターフェース)の開発を担当しています。お客様のニーズを理解しお客様が求める技術を提案する。そのために他の事業部や海外とのコミュニケーションを大切にしてリーダーシップをとる。そして今はまだ世の中にないものを製品化、量産化していくことが、この仕事の先にある大きな成功だと考えています。

グローバル企業ならではのネットワークを生かす

ドイツはもちろんシンガポールなど各拠点のエンジニアが持つ先進技術を生かし、アメリカでさらにそれを量産化する。こうした体制で提案を生み出せるのは、グローバル企業ならではの魅力だと思います。世界に広がるあらゆるリソースを活用するために私は、日々適切なコミュニケーションを図りながらネットワークを構築しています。

膨大な情報に対処する最適なHMIを

© Continental AG

これからの自動車は、様々なコンポーネントやサービスからの膨大な情報に対応しなければなりません。HMI(ヒューマンマシンインターフェース)は、その膨大な情報に対処し、ユーザリビティと人間工学の両側面から人間中心のインタラクティブな機能を実現させるためのものです。例えば拡張現実を使ったヘッダーディスプレイなどは、これまで経験したことのない全く新しい体験を人々にもたらすでしょう。私は、「あらゆる情報とクルマが常につながる社会」の実現を通して日本のモビリティの未来に貢献していきたいです。