Hauptverwaltung
© Continental AG

組織と経営

コンチネンタルのサステナビリティの根幹をなすのは、コーポレートガイドライン、行動規範、CSR指針、コーポレートガバナンス指針です。

 

法律および定款に従い、取締役会、監査役会、および年次株主総会が執行機関となります。ドイツの株式会社であるコンチネンタルAGは、執行機能としての取締役会と、監督組織としての監査役会の構成者を厳格に分割する二層型経営管理システムを採用しています。

 

企業サステナビリティ理事会は、サステナビリティと企業責任の管理を目的として創設されました。同理事会は、取締役2名に加え、環境、人事、法務、コンプライアンス、企業安全衛生、IR、経理、企業監査、企業会計、企業広報分野の代表者によって構成されています。会長は人事担当の取締役が務め、サステナビリティ理事会は、年4回、そして関連する機会に開催されます。環境部門は取締役会会長の直接の管理下に設置されています。

 

サステナビリティ問題は、取締役会から監査役会への定期報告案件として、進行中の事業展開に関する案件を報告するほか、年次戦略会議でも議題として取り上げています。監査役会の監査委員会は、コンプライアンスや危機管理と密接に関わっています。

 

企業レベルにおいてもっとも重要な文書は、以下の通りです。

 

  • コーポレートガイドライン:BASICSには、ビジョン、ミッション、4つの価値観、望ましい協力の形を記載しています。
  • 行動規範:コンチネンタルの行動規範には、従業員の行動に関する倫理基準や要件を記載しています。
  • CSR指針(PDF、334.3 KB):コンチネンタルのCSR概要を説明しています。
  • コーポレートガバナンス指針:適用される法規定、ドイツ・コーポレート・ガバナンス・コード、コーポレートガイドラインに基づき、経営および監査に関する業務や手順を詳細に説明しています。

重要度マトリックス


© Continental AG

2015年、コンチネンタルは多段階にわたる分析を行い、現在、そして未来にわたり重要な課題を明確化しました。このために、4つの主要活動分野に存在する18のサステナビリティ課題を取り上げ、長期的な事業成功と持続可能な発展に対するそれぞれの貢献度について、内外の視点から評価を行いました。

サステナビリティプログラム

当社の業績判断基準は、財務的なものと非財務的の両面を含みます。サステナビリティに関する目標や施策が価値を生み出すことは非常に重要です。社内では受け入れられ、社外では信頼性を得る唯一の方法であると考えています。

 

4つの活動分野において目に見える成果を挙げるため、2015年に統一的なサステナビリティプログラムを策定、2020年に向けた目標を設定しました。一部の目標は、2025年を期限とし、これらの目標でロードマップ2020を形成しています。