当社の価値観
© Continental AG

環境

環境保護は、企業政策における重要な要素です。エコノミーとエコロジーは特別なものではなく、コンチネンタルのサステイナブルな価値創造の基盤となるものです。

コンチネンタルでは企業戦略の中心に気候保護とエネルギー効率をおいており、すべての製品が、環境や資源節約の面に積極的に貢献できるものでなくてはならないと考えています。

製造部門においては、エネルギー消費量、使用水量、CO2排出、産業廃棄物発生量を継続的に削減し、産業廃棄物においては再利用率を上げるよう、計画しています。

コンチネンタルの環境マネジメントは、製品ライフサイクル全体にわたるもので、研究開発から、調達、物流、製造を経て、製品としての使用、および再利用までの一連のサイクルを含みます。その目的は、高まる資源不足の状況において、製造過程、実際の使用現場の両場面で、低エネルギー消費で、天然資源を保護する製品やソリューションの開発が求められています。