a feel-good cocoon

未来の車は心地よい繭のように。それにあわせて、座席の居心地と快適性にさらに重点が置かれるようになります。

© Continental AG

コンチネンタルのスマート表面材が、車両パーソナライズの選択肢をさらに多様に

  • 心地よい繭のような未来の車:内装材によって高まる居心地の好さ
  • 半透明の素材が照明効果と機能を車両に統合
  • 車両の軽量化が航続可能距離と車両性能向上につながる

自動運転は、車両インテリアにも大きな影響を与えます。「将来、車は単なる輸送の手段ではなくなります。プライバシー、リラクゼーション、コミュニケーション、仕事などに焦点が移り、将来的にインテリアの目的が異なるものになるでしょう。車に乗っている人々は運転以外のことをするようになるでしょう」と、コンチネンタルの Benecke-Kalikoグループで表面材の事業開発とマーケティングを統括するアレクサンダー・ヨキッシュ(Dr. Alexander Jockisch)は述べます。その結果、デザイナー、エンジニア、スタイリストの創造性と革新性への需要が今後ますます高まると想定されます。

車は単なる輸送の手段ではなくなり、プライバシー、リラクゼーション、コミュニケーション、仕事へと焦点が移ります。 © Continental AG

現在、車内はハンドルや計器パネルが機能的に構成されている必要があり、限定的な空間になっていますが、将来このような要素は大きな問題ではなくなります。それにしたがって、座席の居心地と快適性にさらに重点が置かれるようになります。コンチネンタルの内装材は、居心地と快適性を提供する役割を果たします。「コンチネンタルが提供するフォイルやトリム、室内装飾材は、美観、感触、耐久性のすべてを向上させます」とヨキッシュは話しています。コンチネンタルの内装材は、環境・低排出・健康・資源に求められる要件も満たしています。また、ユーザーは、傷や汚れに強く、掃除がしやすい表面材を求めています。コンチネンタルの内装材は、目立つ摩耗の兆候から表面を確実に保護し、新車のような感触と快適性をできるだけ長く保持します。

最新の車両内装材は、重量削減にも大きく貢献します。コンチネンタルの「Light」というラベルの付いた製品は、燃料消費とCO2排出を削減します。これらの製品は、従来のフォイルと比較して、重量面で最大50%もの優位性があり、確実に、そして説得力のある持続可能なクライメートフットプリントを実現します。このような製品の使用は、特に電気自動車に重要です。電気自動車の重量削減が、航続可能距離を長くし、車両性能が上がるからです。

さらに、コンチネンタルは、装飾面にデジタル機能を統合する研究開発に注力しています。最初のステップは、照明を組み込むことです。半透明の表面材Acella Hyliteは、車両のドアにバックライトを当てるなど、特殊な照明効果を生み出すことが可能です。ヨキッシュは近い将来を見据え、「さまざまな光源を使用することで、内装に特別な色彩効果を出したり、警告表示の場所として使用されていなかった場所に警告サインを点灯させたりすることができます。表装材そのものに直接機能を組み込むことなどもまもなく可能になります」と語っています。

コンチネンタルは、9月にフランクフルトで開催される2017年国際モーターショー(IAA)において、スマートな表面材の開発コンセプトを披露する予定です。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: