20170824 シームレスモビリティ - CUbE

コンチネンタルは、無人モビリティを可能にするデモ車両CUbEを製作し、コンチネンタルのフランクフルト拠点で試験運行を行っています。

© Continental AG

コンチネンタルの自動運転 - シームレスモビリティ

  • さまざまな種類の自動運転が互いに補完し合い、シームレスモビリティの将来を創造
  • クルージングショーファー - 高速道路での長時間ドライブはリラックスできる時間に
  • 自動駐車 - どのような駐車スペースでも駐車可能に
  • セルフドライビングカー - 都市部での自律走行車に向けたソリューション

個々のモビリティの将来は、多くの課題に直面しています。世界の交通事故死者数は年間約130万人、交通量の増加は排気ガスや大気汚染を引き起こし、人間の寿命に悪影響を及ぼしかねません。12億人以上の人々が1日あたり50分以上を車の運転に費やすその大半は交通渋滞で過ごす状況です。さらに、社会の高齢化に伴い、ドライバーの年齢層も高齢化しています。

自動運転は、ドライバーの生活から運転の負担をなくし、危機的な状況や事故を発生させることなく、全体的な交通フローをより効率的にするという、重要な役割を果たしてくれることでしょう。 © Continental AG

テクノロジーカンパニーであるコンチネンタルは、このような課題を受け止め、ソリューション開発に取り組んでいます。「自動運転は、ドライバーの生活から運転の負担をなくし、危機的な状況や事故を発生させることなく、全体的な交通フローをより効率的にするという、重要な役割を果たしてくれることでしょう。」コンチネンタルの取締役会会長、エルマー・デゲンハート(Dr. Elmar Degenhart)は語ります。 コンチネンタルは進化と革新の道を視野に入れています。コンチネンタルは、クルージングショーファーにより、高速道路や周辺道路におけるオートパイロット機能を可能にすることで、ドライバーの長距離運転をサポートし、日々の通勤中、ドライバーがリラックスできるようにします。また、駐車時には、低速運転時の自動化の範囲を広め、駐車アシスト、リモート駐車、ガレージ駐車、トレインドパーキングから、バレーパーキングといった新しい機能が、ストレスを伴う駐車という操作をドライバーから引き継ぎます。駐車場探しは過去のものとなり、駐車スペースはより効率的に使用されます。2030年に世界のモビリティ市場で大幅なシェアを占めることが予想される自動運転車(ロボタクシー)を見据え、コンチネンタルでは将来の新しい都市型モビリティにも注力しています。

高速道路での自動運転 - リラックスでき、ストレスフリーな運転

クルージングショーファーを利用すると、高速道路での長時間ドライブは、よりリラックスできる時間になります。この機能が一旦作動すると、クルマが運転を引き継ぎ、交通状況や規制に合わせて速度を調整し、巡航します。クルマは安全に同一車線内にとどまり、高速道路を出るまでドライバーが運転を代わる必要はありません。運転を交代する必要がある場合には、事前にクルマが知らせます。

クルージングショーファー機能で、クルマが運転を引き継ぎ、交通状況や規制に合わせて速度を調整し走行します。 © Continental AG

低速レンジでの自動化:クルマ自身が駐車

トレインドパーキングといったさまざまな自動駐車機能によって、ドライバーは駐車スペースに楽に駐車できるようになります。トレインドパーキング機能は、駐車手順の順番を記録し、記憶します。同じ手順で駐車を繰り返す際、ドライバーは記録を開始した場所まで運転し、そこでスイッチボタンを押すことで、クルマは以前に学習した駐車手順を単独で実行します。

トレインドパーキング機能は、駐車手順の順番を記録し、記憶します。同じ手順で駐車を繰り返す際、ドライバーは記録を開始した場所の近くまで運転し、そこでボタンを押すことで、クルマは以前に学習した駐車手順を単独で実行します。 © Continental AG

都市部における自動化:無人運転車によるロボタクシー

コンチネンタルは、特に都市部を想定した、無人モビリティを可能にするデモ車両を製作しました。CUbEContinental Urban mobility Experience)と名付けられたこの車両は、コンチネンタルのフランクフルト拠点で試験運行を行っています。無人運転ロボタクシーに関するソリューションが他部門との協力の下に開発されており、自社製のセンサー、アクチュエータ、制御ユニット、通信やネットワーキング技術を使用しています。

自動運転向けに採用されている技術システムの範囲は広く、複雑性も高いため、幅広い基盤と統合アプローチを有するテクノロジーカンパニーのみが提供できるものでしょう。コンチネンタルは、あらゆる型の自動運転開発を推進しており、将来的には誰にでもソリューションの提供が可能になります。

環境センサー、制御ユニット、タイヤ、ブレーキシステム、パワートレインシステム、ヒューマン・マシン・インターフェースなどのシステムやコンポーネントを開発生産し、モーション制御システム分野でNexteer社と共同事業を行うコンチネンタルは、自動運転向けの完全な製品ポートフォリオを提供します。コンチネンタルは、米国、日本、中国、欧州と世界で自動運転に必要なコンポーネントとシステムを開発しており、玄関先から最終目的地に至るまで、シームレスモビリティに向けたニーズに対応できる企業です。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: