img_2017_05_16_mazda_combiner_en-data

「コンバイナー式」は小型で透明なプラスチックディスクをフロントガラス前に設置します。

© Continental

コンチネンタル、マツダ車向けにコンバイナーHUDの生産開始

  • 日本の自動車メーカー向けにコンバイナーHUDを提供するのは初めて 

  • コンチネンタルが提供するコンバイナーHUDは、デミオとCX-3CX-5のオプション
  • コンパクトなHUDデザインで実装スペースを小型化
  • 人間工学に基づいた技術によりドライバーの安全性が向上

国際的テクノロジーカンパニー、コンチネンタルは、日本の自動車メーカー向けにはじめてヘッドアップディスプレイ(HUD)を生産開始し、マツダのコンパクトカー、デミオとCX-3、CX-5向けのオプションとして、コンバイナー式ヘッドアップディスプレイ(HUD)を提供しています。


コンチネンタルの計器&ドライバーHMI事業部長、フランク・ラーベ(Frank Rabe)は次のように述べています。「コンバイナーHUDは、新製品の価値をより多くの運転手が享受できるよう、細心の注意を払って開発された製品の一例です。所要スペースが従来のHUDに必要となる面積の半分で収まるため、アプリケーション次第で、デミオやCX-3等、コンパクトカーやスポーティーな車に最適です。コンチネンタルの人間工学に基づいた技術がこのたびマツダ社の製品に採用されたことを誇りに思います」。


フロントガラスに情報を表示する従来のHUDに対して、コンバイナーHUDは「コンバイナー」と呼ばれる小型で半透明なプラスチックディスクを使います。これにより、フロントガラスと光路の調整が不要となり、コックピットにおける自由スペースが増え、小型かつ平坦なデザインが可能になります。アプリケーション次第で、コンバイナー式HUDは鏡一枚で作動します。コンバイナーHUDは従来システムと同レベルの機能性を有しており、ボンネットの先にフルカラーのディスプレーを表示させることができます。その結果、運転手の視線は運転方向から逸れることなく、他の車の動きなど、重要な情報が常に運転手の視界に表示されます。また、運転中に機器を操作することで発生する「ブラインドドライビング」と呼ばれる状態も劇的に緩和されます。


コンチネンタルのコンバイナーHUDは、小型車への適合性が高く、さまざまな車両に搭載可能で、さらに多くのユーザーがコンチネンタルのヒューマン・マシン・インタフェース技術を利用できるようになると期待されます。フロントガラスHUDは中型車の上位車種のオプションとして提供されることが多いのに対し、コンバイナーHUDは少量生産車種にも提供されています。

お問い合わせ

Ilona Tzudnowski

Ilona Tzudnowski Press Spokesperson Interior division 電話: +49 6196 87-2515 電子メール: