Cockpit Vision 2025 Advertisment

コンチネンタルが描く未来の運転席

© Continental

コンチネンタルが描く未来の運転席:コックピットビジョン

  • コンチネンタルが国際モーターショー(IAAで未来のコックピットの姿を発表
  • 複合現実モデル:拡張現実グラスによりクレイモデルが現実のものに
  • 変化するインターフェースフロントガラスディスプレー:先見的アイデアを求め世界中でワークショップを開催
  • コンチネンタルの統合インテリアプラットフォーム(IIP)がビジョンを現実に

 

デジタルモビリティ、情報量の急増、ますますつながり、モバイル化していくライフスタイルの変容などが要因となり、車内の情報伝達手段に関する要件が高まっています。従来のディスプレーやオペレーティングシステムは急速に限界に達しているのです。自動運転の実現には、ドライバーが、車内で平常通りにリラックスできるような、まったく新しいコックピットデザインが必要です。自動車の未来を理解することは、開発を遅延なく進めていくために不可欠です。このような理由から、コンチネンタルは、独フランクフルトで開催される国際モーターショー2017(IAA)で、未来のコックピットの姿を発表します。「車のインテリアにおける革新は、自動化され、相互につながる未来のモビリティへの道を切り開いています。シームレスに新しい形に変更できるインターフェースフェース。将来的には、デジタルミラーや車両周辺環境の大規模な拡張など、すべての機能が利用可能になります。コンチネンタルのコックピットビジョン2025では、車のインテリアに革命を起こすデザインを発表します」とコンチネンタルの計器&ドライバーHMI事業部長、フランク・ラーベ(Frank Rabe)は述べます。

現実と未来を融合させた複合現実モデル

拡張現実グラスを使用した複合現実モデルのデモでは、計器がないクレイモデルが未来のコックピットへと変貌する姿を見ることができます。操作と娯楽の要素に加えて、革新的ソリューションを説明する簡単なアニメーションを見ることができます。「ユーザーがコンチネンタルのビジョンに入った途端、未来のコックピットが特定の運転状況にスムーズかつ動的に適応することに気づくでしょう」とラーベは話します。たとえば、自動運転中は、特定の機能やディスプレーが非表示になりますが、インテリジェントなインターフェースのおかげで、必要なときに表示され、アクセスできるようになります。「これにより、柔軟性があり、あらゆる機能を内包したコックピットが誕生します」とラーベは述べます。

車両インテリアが個別の状況に柔軟かつ動的に適応 © Continental

コンチネンタルのコックピットビジョンには、インテリアを特定の状況に柔軟かつ動的に適応させることができる、包括的ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の幅広い機能が含まれています。たとえば、複合現実のデモでは、格納式のハンドルや、従来の車外ミラーの代わりに必要に応じて伸張するミラーディスプレー、さらには画面上の機能拡張や拡張現実ヘッドアップディスプレー(HUD)が展示されます。IAAのブース来場者は、スマートコントロールを使用して、自動運転中、車からドライバーへと役割が切り替わる際にドライバーを直観的に支援する特殊な入力デバイスを試すことができます。このデバイスは、車が自動運転するかどうか、または現在の路上をそのまま運転してよいかに関する情報を提供するとともに、車の操作にも使用されます。そのほか、必要に応じてディスプレーの表示・非表示を切り替えるモーフィングインターフェースや、特定の場所に関する情報を表示したり、映画を再生したりするためのモニターとして使用できるフロントガラスなどの展示物があります。

未来のコックピットのコントロールセンターはすでに開発済み

このビジョンを実現するために、コンチネンタルは、すべての車両の入出力デバイスを制御するのに必要なハードウェアと、単一の電子制御ユニット(ECU)を備えたモバイルデバイスをすでに開発しています。IIPと呼ばれる統合インテリアプラットフォームは、包括的HMIへの重要なステップであり、セントラルコンピュータとして機能する車両コックピットを、ドライバー自身とドライバーのモバイルデバイス、他の交通参加者、インフラ、クラウドとリンクします。

未来のコックピットのコントロールセンターとなる統合インテリアプラットフォーム(IPP) © Continental

車は常に連れ添うデジタル機器としての役割を果たし、常時接続されることになります。そこで、IIPは、安全に関連する計器などの機能や、クラウドおよびインフォテインメントの機能を、単一のハードウェアで安全かつ安定的に動作させることができます。コンチネンタルは、将来のコックピットにおいて、異なる領域を統合することで完全に更新できるインテリアの基礎を築くだけでなく、以前は計器クラスタやセンターコンソールのディスプレーに限定されていた用途以外にもドライバーが柔軟に機能を使用できるようにします。どこにでも情報を配置でき、コンテンツを動的に移動できるということは、コックピットのパーソナライズを制限するものがないことを意味します。

ドライバーは非言語で自分の意思を車両に伝える © Continental

コンチネンタルの戦略的アプローチ

コンチネンタルは、コックピットビジョン2025を開発するために、トレンドの進展と未来を見据えながら、戦略的かつ洞察的なアプローチを取りました。その中で、まずは2030年に向けて、たとえば、車の所有、環境意識、および世間における価格意識に対する意見に関し、異なる7つのシナリオを特定することに取り組みました。次に、各市場に対してどのシナリオが最適かを判断し、3大陸6か国でワークショップを開催し、さまざまなシナリオについて最も多様なビジョンを生み出そうとしました。専門家は、これらのプロセスから得た内容を、現在のトレンドや予測と比較し、トレンドおよび技術分析、国情、適用法に関する情報などの成果物にまとめました。「これにより、新製品、サービス、デザインの要素に関し、魅力的なアイデアが生み出されました。これらのすべては、ドライバーのユーザーエクスペリエンスに重点を置いていました。私たちは、コックピットビジョン2025で、有望なビジョンを提示し、研究成果を徐々に具体化していく予定です」とラーベはまとめています。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: