Continental_PP_Intelligent_Lighting_180x130_300dpi_RGB

コンチネンタルとオスラムのライティング、ライティングコントロールのノウハウを結合

© Continental AG

コンチネンタルとオスラム、自動車向けインテリジェントライトの合弁会社設立を計画

  • コンチネンタルとオスラムのライトおよびライティングコントロールにおけるノウハウを結合
  • コンチネンタルとオスラムの出資比率はそれぞれ50%
  • 従業員は約1500名、5億ユーロ前後の売上を目指す
  • 合弁会社は2018年に事業開始予定

 

コンチネンタルとオスラムは、両社による合弁会社の設立計画を本日発表しました。合弁会社の目的は、革新的なライティング技術とエレクトロニクス、ソフトウェアを統合し、自動車向けにライティングソリューションの開発、製造、およびマーケティングを行うことです。合弁会社オスラム・コンチネンタル(Osram Continental GmbH)はミュンヘンに拠点をおき、グローバルに事業を展開します。コンチネンタルとオスラムはそれぞれ50%の出資比率を持ち合います。世界17拠点で働く従業員数はおよそ1,500名にのぼり、年間売上高は5億ユーロ前後を目指します。拘束力のある契約合意、両社監査役による事前同意、カルテル法の承認を条件として、合弁会社は2018年に事業を開始する予定です。

合弁会社には、オスラム社の自動車向け固体照明(SSL)モジュール事業が移行されます。コンチネンタルは、同社インテリア部門ボディ & セキュリティ事業部のライトコントロール事業を合弁会社に統合させる予定です。これにより、オスラム・コンチネンタルは、半導体ベースのライティングモジュール、先進的エレクトロニクス、光学およびソフトウェアのノウハウを、センサー技術ならびに革新的な光源装置と統合し、包括的かつ革新的で、ヘッドライトおよびテールライト用に設計された多様なライティングソリューションの提供が可能となります。この合弁会社設立の目的は、協業を通じて、最適かつ革新的な製品・ソリューションを生み出し、市場導入を加速させることです。合弁会社は、独立採算した企業として事業を行います。

「自動車向けライティング市場はイノベーションのスピードが速く、ソフトウェアはこの動きをさらに強くしています。従来のライティング技術の知見が自動車メーカーにとって引き続き重要である一方で、新しいラインティグ機能を実現するエレクトロニクスの重要性が高まっています。合弁会社を通じて、これらの分野を統合し、新たなレベルへと引き上げます」と、コンチネンタルの取締役会メンバーであり、同社インテリア部門の責任者であるヘルムート・マッチ(Helmut Matschi)は話しています。

「合弁会社は、オスラムが一貫してデジタル化に注力していることの証明です。コンチネンタルのソフトウェアとエレクトロニクス領域におけるノウハウは、自動車のライティング分野におけるオスラムの技術的リーダーシップを補完するものです。こうして、自動車用デジタルライティングを手がける先進的企業が誕生することになります」と、オスラム・リヒトの取締役メンバー、シュテファン・カンプマン(Stefan Kampmann)は述べています。

自動車向けライティング市場は、技術的転換点に差しかかっています。一般的なライティングシステムと同様、自動車向けライティングシステムは半導体ベースのライティングソリューションに移行しつつあります。車内のライティング、ならびに新しいライティング設計やアプリケーションがインテリジェントになるにつれ、半導体ベースの技術、ソフトウェア、およびエレクトロニクスの持つ重要性が高まっています。その結果、半導体ベースのヘッドライト市場は、毎年2桁成長を見せています。市場調査によれば、2025年に新車の2台に1台は、半導体ベースのライティングソリューションを装備していると予想されています。

オスラムのスペシャルティライティング事業部のCEO、ハンス=ヨアヒム・シュヴァーベ(左)とコンチネンタルのボディ & セキュリティ事業部を統括するアンドレアス・ヴォルフ(右)。両社は、自動車向けライティングソリューション事業の合弁会社設立計画を発表。 © Continental AG

コンチネンタルのボディ & セキュリティ事業部を統括するアンドレアス・ヴォルフ(Andreas Wolf)は次のように述べています。「インテリジェントライトによって、自動車メーカーは、より多様な設計を行うことが可能になり、開発コストを最適化できます。合弁会社はグローバルに展開するため、顧客と緊密に連携して、ニーズに応じたソリューションの開発が可能です。コンチネンタルとオスラムは、合弁企業という形で両社がそれぞれのノウハウを補完し合うことで、他に類を見ない広範なソリューションを顧客に提供することができます」 

「デジタル化により、自動車向けライティング技術の新しい応用可能性が生み出されます。オスラムは、このチャンスをコンチネンタルとともに活用してしたいと考えています。ライトとエレクトロニクスのソリューションを組み合わせて提供できるため、自動車業界の顧客に先進的な製品をワンストップで提供することが可能です」と、オスラムのスペシャルティライティング事業部のCEO、ハンス=ヨアヒム・シュヴァーベ(Hans-Joachim Schwabe)は説明しています。

「両社が手を組み、ライティングシステム、センサー、そしてエレクトロニクスをシームレスにひとつのアプリケーションに組み込むために自動車業界と密接に連携することで、有利な立場でイノベーションを推進して行くことができるでしょう。例えば、ライティングシステムとセンサーを1つのモジュールに組み込むことや、ドライバー、その他の道路利用者、および周辺環境とのライトを使ったコミュニケーションなど、インテリジェントなライティング機能の開発を推進することが可能です」と、シュヴァーベは付け加えました。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: