Image: Lincoln HUD

リンカーンのコンチネンタルとナビゲーターに、さらに大きな表示領域の高品質画像を提供

© Ford Motor Company

コンチネンタル、DMD HUDをリンカーンに供給開始

  • リンカーンのコンチネンタルとナビゲーターに、さらに大きな表示領域の高品質画像を提供

  • デジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)は、HUDと拡張現実ソリューションの橋渡し役を担う

  • HUDはドライバーの注意散漫状態を防ぎ、安全性と快適性が向上

 

コンチネンタルは、デジタルマイクロミラーデバイス(DMD)技術を搭載したヘッドアップディスプレー(HUD)の生産を開始し、フォード・モーター・カンパニー(Ford Motor Company)傘下のリンカーン・モーター・カンパニー(Lincoln Motor Company向けに供給を始めました。このHUDにより、ドライバーと車両間の相互作用がさらに向上します。本技術は、2017年モデルのリンカーン・コンチネンタル(Lincoln Continental)に、続いて2018年モデルのリンカーン・ナビゲーター(Lincoln Navigator)に搭載されます。HUDは、関連するすべての情報をドライバーの視界に表示できるため、ドライバーの注意散漫状態が減り、快適性と安全性の向上に大きく貢献します。 「リンカーン車向けにコンチネンタルのDMD技術が初めて使われることは、チーム全体にとって大きな成果です。コンチネンタルのソリューションは、従来のHUDと拡張現実HUD(AR-HUD)とのギャップを埋め、より大きな表示領域に、より高画質の画像を提供します」とコンチネンタルの計器&ドライバーHMI事業部長、フランク・ラーベ(Frank Rabe)は話しています。

コンチネンタルのデジタルマイクロミラーデバイス(DMD)技術を搭載したヘッドアップディスプレー(HUD) © Continental AG

これまで使用されていたTFT LCD技術に代わって、DMDは、ミラーと光学ユニットおよび画像生成ユニット(PGU)に基づく、デジタル・シネマ・プロジェクターと同じ方法でグラフィック要素を生成します。 中間スクリーン、連続的な色管理、およびレンズ集光により、画像は従来のHUDに比べ明るく鮮明です。リンカーンに今回採用されたHUDは、同じ部類のHUDのなかで最も明るく最大のディスプレーサイズといえ、表示領域が大きくなったことで、例えば、包括的ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の他の要素を加えたさらに多くの情報を投影することが可能となります。これらの特性により、HUDとクラスター間の重複部分を減らすことができました。 DMD技術は、AR-HUDの基礎を形成しています。

HUDは、包括的HMIにおける重要な技術で、ドライバーと車両間の無言の対話を可能にし、運転状況に応じてドライバーの視界に必要な情報を直接表示します。ドライバーは、フロントガラスに映し出されるディスプレーを見て情報を読み取るため、進行方向から計器類に視線を逸らす必要がなくなります。このようなドライバーと車両の直感的な相互作用は、自動運転実現に向けた重要なステップです。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: