Continental_PP_High_Speed_Cellular_V2X

コンチネンタルは、ファーウェイと初のC-V2X実証試験を上海で実施。車両間の直接通信は平均遅延11ミリ秒を達成

© Continental AG

コンチネンタル、中国でセルラーV2Xの実証試験に成功

  • ファーウェイと初のC-V2X実証試験を上海で実施。車両間の直接通信は平均遅延11ミリ秒を達成
  • 試験結果は、安全性が重要視されるV2Xへのセルラー技術の適合性を証明
  • コンチネンタルはC-V2Xの基盤を構築するエコシステムとのコラボレーションを強化

 

コンチネンタルとファーウェイ(Huawei)は、セルラーV2X(Vehicle to Everything:車車間通信・路車間通信)の効率性に関する実証試験を中国上海で実施しました。セルラーV2Xは、有力な無線通信技術として台頭しており、自動運転やインテリジェントモビリティにおける利用が期待されています。セルラーV2Xにより、道路利用者はLTE、また将来は5Gモバイルネットワークを利用して通信することが可能になります。また、セルラーV2Xは、インフラや道路利用者と直接通信できるように設計されています。 セルラーV2Xは、携帯電波の届かない場所でも、潜在的危険性の警告など、時間的制約があり、安全上重要な情報のやり取りを可能にします。

このたびの実証試験では、確実性や遅延などのパラメーターでセルラーV2Xのパフォーマンスをテストしました。 現実に近い条件でテストするために、コンチネンタルは上海にあるコネクテッドカーのパイロットゾーン(別名:A Nice City)で運転テストを実施しました。 共同試験では、緊急ブレーキライトや停止車両警告などのユースケースを想定して、ファーウェイのプロトタイプのセルラーV2Xモジュールとインフラストラクチャーを活用しました。 平均遅延は11ミリ秒で、単一のイベントメッセージの遅延時間は8ミリ秒を達成、試験全体でパケット受信率はほぼ100パーセントを記録しました。

コンチネンタルは、ファーウェイと初のC-V2X実証試験を上海で実施。車両間の直接通信は平均遅延11ミリ秒を達成 © Continental AG

コンチネンタルのインフォテインメント&コネクティビティ事業部長のヨハン・ヒーブル(Johann Hiebl)は次のように述べています。「コンチネンタルによるセルラーV2Xの実証試験結果は、遅延と確実性の点で非常に有望です。さらに、開発前のハードウェアを使って結果を測定しており、シリアル製品ではさらに優れた成果が期待されるでしょう。次世代のインテリジェント機能をコネクテッドカーにもたらすために、この新技術への徹底的な研究と開発を続けます」

ファーウェイのワイヤレスネットワークインダストリーディベロップメント ディレクターであるLu Xiaofeng のコメントは次の通りです。「ファーウェイはセルラーV2Xへの投資を継続し、業界の先進的な開発をさらに推進するために、オープンな考え方で業界パートナーとの協力を続けます。ファーウェイは、セルラーV2Xが人々の生活にとって不可欠であり、安全で効率的な移動をすべての人々にもたらすと信じています」

コネクテッドカーならびに自動運転車は、今後もスケーラブルで関連性の高い最適な技術基盤を必要とします。 コンチネンタルは、車両の安全と通信技術における能力と経験を生かして、5G、セルラーV2X、DSRC(狭域通信/IEEE 802.11p)などのさまざまな無線通信技術を統合・展開し、自動車産業における高度通信技術のユニークな市場ニーズに対応するため、他社とのパートナーシップを通じた取り組みを進めています。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: