2018_02_08_Fahrzeugvernetzung_180x130mm_300dpi_RGB

包括的コネクティビティが、クルマを走るスマートフォンに変える

© Continental AG

コンチネンタル、モバイル・ワールド・コングレスに初出展 未来のモビリティを創る

Mobile World Congress 2018

  • コンチネンタルが、バルセロナで開催されるモバイル・ワールド・コングレスで革新的なソリューションとサービスを発表
  • 包括的コネクティビティが、クルマを走るスマートフォンに変える
  • モバイルデバイスのスマートな統合で、ドライバーとユーザーエクスペリエンスが最大に

 

2018年4月から、欧州で販売されるすべての新車にはSIMカードの搭載が必要になり、車両が緊急電話をかけられるようになります。車両がデジタルエコシステムの一部になることで、効果的にモバイルデバイスに変わります。テクノロジーカンパニーであるコンチネンタルは、2018年2月26日から3月1日に開催されるモバイル・ワールド・コングレス(Mobile World Congress)に初めて出展し、これらの変革を披露します。

「スマートフォン、タブレット、そしてクルマも。本年、eCallにより、クルマが接続された世界の一部になり、クルマはユーザーの日常的なデジタル生活にシームレスに融合する必要があります。モバイル・ワールド・コングレスでは、シームレスなオンライン接続と包括的なサイバーセキュリティが、モバイルデバイスと直感的操作を支障なく統合することと同様に重要であることを実証します」とコンチネンタルの取締役会メンバーであり、インテリア部門の責任者であるヘルムート・マッチ(Helmut Matschi)は述べ、モバイル・ワールド・コングレスにおけるコンチネンタルの注力分野を説明しています。

未来を垣間見る:接続性能を予測する

継続的かつ高品質なモバイルネットワークは、デジタル生活の範囲を運転時にまで広げたいと考えているドライバーにとって非常に重要です。しかし、多くの地域では、低帯域幅と高遅延性に依然として悩まされています。通話が途切れたり、音楽のストリーミングが中断したりすることは少なくありません。そこで、コンチネンタルは接続性能を予測する管理プログラムを開発しました。これは、クラウドソーシングを用いて、向かう先のネットワーク品質に関するデータを収集するものです。このデータを使用して、特定地域における利用可能なモバイルネットワークとその品質を示す地図を、Continental.cloudなどのバックエンドに作成します。このデータを分析すると、ソフトウェアはネットワーク接続がいつ不安定・利用できなくなるかを予測し、それに応じてデータとチャンネル管理を最適化します。

接続性能の予測管理プログラムがユーザーエクスペリエンスを最適化 © Continental AG

その結果に基づいて、ソフトウェアは、例えば現在の通話が数分後に終了することをドライバーに通知し、ネットワークの品質が回復し再び通話できるタイミングをドライバーに知らせます。また、今聴いている音楽が中断されないように、ソフトウェア更新をダウンロードする帯域幅を少なくして、アプリケーションをバックグラウンドで微妙に優先させることもできます。正確で最新のネットワーク情報は、将来的に、自動運転車両が進行経路を見つけるためにも決定的な役割を果たします。これは、接続性能を予測するプログラムが重要であるもうひとつの理由です。例として、向かう先の帯域幅が小さすぎて最新の高精細地図をダウンロードできないことが判明した場合、ルートの該当するセクションの高精細地図を事前に準備することが可能です。 

何でもできるスマートフォン:キーレス車両アクセス

「車両自体がモバイルデバイスになるだけではありません。スマートフォンの多様な統合もユーザーエクスペリエンスを最大限に引き出す重要な要素です。コンチネンタルが、モバイル・ワールド・コングレスで仮想スマートフォンキーを使ったインテリジェント車両アクセスを展示するのはそのためです」とマッチは説明します。このソリューションは、レンタカーの利便性を高め、顧客だけでなくレンタカー会社にも利益をもたらします。エイビス・バジェット・グループ(Avis Budget Group, Inc.)との提携により、コンチネンタルのアフターマーケット向け「サービスとしての車両キー」(Key as a Service)は、キーレス車両アクセスとエンジン始動認証を備えたエンド・ツー・エンドのレンタカー体験を可能にします。この技術は、自動車メーカー、車両モデル、市場地域を超えたスケーラビリティを提供し、車両エレクトロニクス・車両アーキテクチャの設計変更の必要はなく、より早い市場投入が実現します。サービスだけでなくハードウェアも含み、追加導入も簡単です。

コンチネンタルはエイビス・バジェット・グループと提携して、「サービスとしての車両キー」(Key as a Service)を提供 © Continental AG

コンチネンタルのポートフォリオには、自動車メーカー向けのソリューションが「スマートデバイス統合アクセスシステム」の形で含まれています。この技術は、ハンズフリーの車両アクセスとエンジン始動を可能にし、車両アーキテクチャの不可欠な部分です。これにより、工場で生産される車両には 「サービスとしての車両キー」ソリューションを提供するための装備がすでに施されています。

また、機械式ロックだけでなく、ドアハンドルを不要にするデジタル緊急施錠解除を用いてシステムを強化することもできます。したがって、車のバッテリーがなくなった場合でも、ドライバーは機械式緊急用の鍵に頼ることなく、車両にアクセスすることができます。アシスタント機能を統合することで、単独で開閉して、ハンズフリーやデジタルで使用できるインテリジェントなドアができあがります。

「スマートデバイス統合アクセスシステム」を使った、コンチネンタルのインテリジェント・ドア © Continental AG

コンチネンタルのスマートアクセスシステムの中核となるコンポーネントは、改ざん防止のデータレコードで構成された仮想スマートフォンキーです。このキーは、ワイヤレスインターフェイス経由でスマートフォンに送信する、バックエンドによる1回限りの認証が成功した場合にのみアクセスできます。その後の通信は、スマートフォンと車両との間でのみ行われます。「スマートデバイス統合アクセス」ソリューションでは、車内の複数のBLEモジュールを使用して、承認済みのスマートフォンを車内・車外から特定できるようにします。NFCも可能です。承認済みの仮想キーが検出されると、システムはドアを解錠して、エンジンを始動する許可を出します。従って、機械式キーはもはや不要になります。

キーレス車両アクセスとエンジン始動認証を備えたエンド・ツー・エンドのレンタカー体験を可能に © Continental AG

スマートフォンも自動車技術の可能性を拡大

スマートフォンにおける車両データ用のもうひとつの遠隔表示オプションは、充填中でも現在のタイヤ空気圧を表示する充填補助機能です。これは、空気ポンプの表示を調べなくても、タイヤに必要な空気の量をドライバーに正確に伝えます。ユーザーは、スマートフォンアプリを使って、座席の位置、空調、エンターテイメントの好みなどのパーソナライズされたプロファイルを乗車前に事前に設定することもできます。スマートフォンは、包括的ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の構成要素にもなり、ドライバーは窓の開閉やサイドミラーの遠隔操作など、さまざまな車両機能を管理できます。

スマートフォンを経由した遠隔表示:タイヤ充填補助機能が、タイヤの空気量を表示 © Continental AG

また、バッテリーの消耗がスマートフォンの多様な統合を妨げないように、コンチネンタルは多機能スマートデバイス端末をモバイル・ワールド・コングレスに導入します。この端末は、Qi規格に準拠したすべてのスマートフォンのワイヤレス充電を可能にし、 BluetoothとNFCを介してスマートフォンが車両ヘッドユニットと接続します。ワイヤレスアンテナカップリングにより、スマートフォンは品質が大幅に向上したシグナルを受信します。

多機能スマートデバイス端末が、複数のスマートフォンをワイヤレス充電 © Continental AG

コネクティビティにはセキュリティが必須

デジタル化の進展にともない、コンチネンタルのグループ会社であるエレクトロビット(Elektrobit)は、コンチネンタルの新しいメンバーであるアルグス社(Argus Cyber Security)とともに、車両アプリケーションのサイバーセキュリティのため、多層的なエンド・ツー・エンドのセキュリティソリューションとサービスを重視しています。 マッチは「車載ITセキュリティは、コンチネンタルの最優先事項です。モビリティはセキュアでなければインテリジェントであると言えません」と話しています。

モバイル・ワールド・コングレスでは、エンド・ツー・エンドのソリューションのポートフォリオを重点的に展示します。フリート車両のサイバーセキュリティを守る侵入検知と予防、攻撃表面の保護、ヘルスモニタリングと管理に加え、世界中の顧客の利益になるワイヤレスソフトウェアアップデートが含まれます。

安全なモビリティを実現するためのエンド・ツー・エンドのセキュリティソリューション © Continental AG

リモート車両データ:コネクテッド車両のための強力なプラットフォーム

コンチネンタルのリモート車両データ(Remote Vehicle Data: RVD)プラットフォームは、革新的な接続サービスの基盤です。 このプラットフォームにより、多数の車両モデルに応じたメーカー固有の車両データへの標準化されたアクセスが可能になります。 RVDは、自動車メーカー、自動車販売店、レンタカー会社、フリート車両事業者、修理工場、保険会社を対象としています。 このプラットフォームは、接続されたサービスのバリューチェーンに沿ったエンド・ツー・エンドのソリューションを提供し、接続ベースのサービスのためにコンチネンタルのモジュラークラウドソリューションにシームレスに統合されます。 そのソリューションは、モジュラー型およびクラウドベースのアーキテクチャのため、幅広い顧客アプリケーションに適合させることができます。

リモート車両データプラットフォームは、革新的な接続サービスの基盤 © Continental AG

コンチネンタルが開発したイノベーションとテクノロジーは、モバイル・ワールド・コングレス会場のHall 6 / Booth 6B50で展示されます。屋外のOA3B.170では、デモ車両を2台展示します。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: