Fahnen
© Continental AG

CES 2018、コンチネンタル出展ハイライト「モビリティを素晴らしい空間」に変える取り組みを披露

  • 安全性:ハンズフリー技術、センシング技術の向上
  • 持続可能性とメンテナンス:変化するモビリティのニーズを満たす製品の開発
  • 快適性と利便性:ユーザーエクスペリエンスの向上

テクノロジーカンパニー・コンチネンタルは、モビリティを豊かにし、拡大する革新的な製品の開発を続けています。コンチネンタルは、2018年1月9日から米ラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES 2018)に出展し、ラスベガス・コンベンション・センターの北ホール(ブース6106)で、革新的な先進技術を展示します。

コンチネンタル・コーポレーション取締役会会長のエルマー・デゲンハート(Dr. Elmar Degenhart)は次のように話します。「モビリティは、生活、仕事におけるヒトとクルマの関係性を変えています。 自動化、電動化およびコネクティビティ分野における戦略的な創意工夫とパートナーシップを通じて、お客様とエンドユーザーのニーズを満たす、安全でクリーン、相互接続され、アフォーダブルなソリューションを先駆けて開発していきます。 CESではコンチネンタルの最新技術が展示されており、私たちがいかにモビリティを前進させているかを直接体験することができます」

CES 2018では、安全とセキュリティ、快適性と利便性、持続可能性とメンテナンスに重点を置いた技術とシステムを通じた、「モビリティを素晴らしい空間」にするコンチネンタルの取り組みをご覧いただけます。すべての展示品が、自動化、電動化、接続性の分野におけるイノベーションの重要性を実証します。

安全性ソリューションの強化

コンチネンタルのブースでは、センシングとカメラ技術がいかに自動運転を進化させているか体験することが可能で、高解像度3Dフラッシュライダーとジェスチャー認識のデモンストレーションで、リアルタイムマシンビジョン、環境マッピング機能、物体検出による車両の安全性向上を実演します。 これらのソリューションは、自動運転における重要要件である、車両周辺に関する極めて詳細で正確な情報を、昼夜を問わず、悪天候条件下でも提供します。

快適性と利便性を向上させるインテリジェントなソリューション

コンチネンタルのアフターマーケット向けのモビリティサービスプラットフォームである「サービスとしての車両キー」(Key as a Service)が、バーチャルキーの統合と活用を通じて、カーシェアリングやフリート市場などにおける、ユーザーの利便性とセキュリティを向上させる方法を直接体験できます。 コンチネンタルは、自動車メーカー向けの組み込みソリューションから、レンタカーやカーシェアリング会社向けの車両用リモート・クラウド・キー(RCK)およびOTA keysまで、あらゆるモビリティニーズに対応するソリューションを展示します。

電気自動車用インテリジェント充電ソリューション

ラスベガスでは、無線で完全自動充電を可能にするワイヤレス充電システムを展示します。 その他、コンチネンタルの革新的なシステムである「AllCharge」は、電気自動車があらゆる充電ステーションを利用できるようにするもので、10分で300キロメートルをカバーする電力を充電し、テールゲートパーティーの開催時にAC電源を供給したり、電動工具を使用することが可能です。その際、追加部品は不要です。  

バーチャルリアリティ:最先端の技術と製品によるモビリティの向上

コンチネンタルブースでは、インタラクティブなバーチャルリアリティ体験を通して、将来のモビリティについて学ぶこともできるようになっており、経済性とエコロジー性を両立する、未来車両コンセプトBEE (Balanced Economy and Ecology)を紹介します。BEEは、コンチネンタルが提唱する未来の運転シナリオにおいて、快適で安全な都市移動を提供する大人1名~2名用に設計された都市環境向けモビリティコンセプトです。コンチネンタルのビジョンにおけるBEEコンセプトは、ユーザーがアプリを使って呼び出すことを想定しています。

独創的なタイヤソリューションによる車両の有効活用

ContiSenseとContiAdaptと呼ばれるタイヤコンセプトを、CESにて米国で初披露します。 ContiSenseは、センサーでトレッド溝の深さと温度を測定し、データ伝送と導電性ゴムを通じて、ドライバーにタイヤの磨耗状況を知らせます。 ContiAdaptはタイヤ空気圧とリム幅を調整し、ウェット路面や起伏のある路面、滑りやすい路面、通常の路面状況に合わせ適応させるものです。自動運転と電動化のニーズを満たすよう適合しており、ContiSenseとContiAdaptの両技術コンセプトは、将来のモビリティに向けた有望なソリューションであると考えています。 新技術が将来の交通安全、快適性向上に貢献するのです。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: