CUbe - コンチネンタルは自動化におけるノウハウを活かし、開発しています

© Continental AG

コンチネンタル、デモ車両CUbEで無人運転車向け技術の 開発を促進

  • 市街地での使用を想定した無人運転車向けソリューションを開発中
  • ロボタクシーは都市部における渋滞、交通事故、大気汚染、駐車場問題などへのソリューションとなり、現代のモビリティに貢献
  • フランクフルト拠点にてデモ車両CUbE(Continental Urban mobility Experience)による無人運転型旅客輸送の試験および研究を実施 
  • 「快適空間」としてのロボットタクシー:内装デザインがパーソナル化や表装材への機能統合をサポート

都市への人口集中は増加の一途をたどっています。2014年の国連調査によると、2050年までに世界の人口の3分の2が都市に集中すると予想されており、その人々は都市部で車を運転することでしょう。より正確に言えば、「車を運転しようとするでしょう」。その理由は、世界の交通渋滞の統計は、都市における個々の「モビリティ」が厳しく制限されるであろうことを示しているからです。たとえば、2016年のロンドンにおける平均運転速度はわずか時速7.8マイルです。交通事故、排出物、時間のロス、駐車場問題とストレスは、都市部への交通集中と切っても切り離せません。世界で都市化が進むなか、モビリティが根本的な変化を遂げようとしている理由の1つなのです。テクノロジーカンパニーのコンチネンタルは、自動化、新たなモビリティコンセプト、および電動化分野におけるノウハウを生かして、未来の都市交通と都市部での生活の質改善に向けたソリューションを開発しています。

自動化、新たなモビリティコンセプト、および電動化分野におけるノウハウを生かし、未来の都市交通に向けたソリューションを開発しています © Continental AG

コンチネンタルの取締役会メンバーで、シャシー&セーフティ部門を率いるフランク・ヨーダン(Frank Jourdan)は次のように述べています。「将来の都市部における個人モビリティは自律的で電動であり、共有経済の一部になるでしょう。無人運転ロボットタクシーのために部門の垣根を越えたソリューションの開発に取り組んでいる理由はここにあります。今年は実践的な試験を開始します。コンチネンタルは、自社製のセンサー、アクチュエータ、制御ユニット、通信やネットワーキング技術を使用しています。」

コンサルティング会社ローランド・ベルガーの調査によると、輸送サービスにおいて無人運転車が占めるシェアは2030年までに4分の1になると予想されており、自動車業界でのこの革新の可能性が、コンチネンタルが「セルフドライビングカー」と銘打った全社的開発プロジェクトをスタートする明確な動機となりました。

無人運転車が都市部におけるモビリティへの課題に対する、スマートなソリューションを提供します © Continental AG

無人モビリティ:自律 - 電動 - そして共有化

コンチネンタルは、特に都市部での使用を想定した無人運転モビリティを可能にするためデモ車両を製作しました。CUbE(Continental Urban mobility Experience)と名付けられたこの車両は、コンチネンタルのフランクフルト拠点で試験走行を開始します。この拠点内には、道路標識、交差点、横断歩道や縁石など典型的な都市インフラを備え、複雑で現実的なルートで試験をするための最適な条件を提供します。この車両に用いられた技術は、量産車両にも既に採用されている運転者支援システムとセンサーをベースにしていますが、レーザーセンサーなどの新技術も用いられています。コンチネンタルでは、これらの技術に関する知見を基に、車両を完全に自律制御するためのシステム開発をさらに進めていきます。この「セルフドライビングカー」プロジェクトの責任者はアンドレ・ホーム(Dr. Andree Hohm)です。「これらの試験走行を通じて、都市部での無人運転型の安全な旅客輸送を可能にする、すべての基本的な技術要件を把握することが可能になります。無人運転システムを含む未来の個人モビリティに必要なコンチネンタルの製品戦略と、先端技術を提供するために必要なものが確認できるようになります。」ホームは説明します。

デモ車両CUbEで無人運転車向け技術を開発、フランクフルト拠点で試験を実施中です © Continental AG

CUbEにより、コンチネンタルはロボットタクシーに必要な技術分野のパイオニアとなりました。ヨーダンは次のように説明します。「この数か月、この話題が一躍脚光を浴びるようになりました。思い切って実践テストを行い、未来に向かって進むために、まさしくぴったりのタイミングを選んだと思います。センサー、制御ユニットからソフトウェアアルゴリズム、ブレーキシステム、パワートレイン技術まで、無人運転車には、コンチネンタルが豊富な経験を有する数多くの技術が使用されることでしょう」。

新たな疑問と新たなソリューション

「現在取り組んでいる多くのテーマの中には、ロボットタクシー向けの冗長ブレーキシステム設計とセンサープラットフォームの構成最適化があります」と、ホーンは言います。ロボットタクシーは、現在の自家輸送の形態では渋滞がますます激しくなる都市部におけるモビリティへの課題に対する、スマートなソリューションになると確信しています。「1日のうち平均で23時間クルマを駐車したままで、貴重なスペースを占領する無数の自家用車より、無人運転車を利用するほうがはるかに合理的です。それらのスペースは、公園や運動場に使えるかもしれないのです」。

ベルリンでは、約350万人の市民が移動に費やす時間は1日あたり平均で70分と言われています。この移動には公共交通機関などのあらゆる輸送手段を含みます。ベルリンでは、自家用車はほとんど使用されない短距離の交通手段であり、1日の大半が駐車中です。移動時に乗車しているのは平均で1.3名で、ベルリン市民による1日の平均移動距離は、合計で20.2キロメートルです(1日あたり平均3回の移動を合計)。都市部の自家用車が大幅に減らせるなら、いつでも呼び出せるロボットタクシーが理想的なソリューションといえるでしょう。

自動化、新たなモビリティコンセプト、および電動化分野におけるノウハウを生かし、未来の都市交通に向けたソリューションを開発しています © Continental AG

​​​​​​​

未来のロボットタクシーと車は快適空間に

自律運転、また、無人運転カーに向かうトレンドは、車両のインテリアに大きな影響をおよぼします。「未来の車は単なる移動手段ではなくなります。プライバシー、リラクセーション、コミュニケーション、仕事に焦点がよりシフトしていくでしょう。したがって、インテリアの目的も将来は異なってきます。人々は運転以外のことをするようになるからです。」このように述べるのは、コンチネンタルのコンチテック部門で表面素材事業開発・マーケティングの責任者を務めるアレクサンダー・ヨキッシュ(Dr. Alexander Jockisch)です。将来は、デザイナー、エンジニア、スタイリストの創造性と革新性がより求められるようになり、カスタマイズ、デザインの自由度、カラーデザインといったオプション、透明な表面素材に照明を組み込むなどの機能統合は、内装材に大きなチャンスをもたらします。

現在は、ハンドルと計器パネルをできるだけ機能的に配置することが優先されていますが、将来、その重要性が変化し、並行して、居心地や快適性がいっそう重視されるようになるでしょう。コンチネンタルの内装素材は、乗員がこうした感覚を味わえるよう引き続き役目を果たしていきます。ヨキッシュは強調します。「コンチネンタルのフォイルやトリム、シートカバーは、美しさ、触感、耐久性をより強化します」。コンチネンタルのEcoシリーズは、環境に優しく、低エミッションで、健康と資源保護面での要件も満たしています。お客様は、傷や汚れに強く、手入れしやすい表面素材も求めています。こうした特性は傷みから素材を守り、長期にわたって新車のような雰囲気と快適性を与えてくれます。

コンチネンタルは、フランクフルトモーターショーIAA会期中に、CUbEデモを行います。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: