コンチネンタル・ジャパンについて

会社概要

コンチネンタルは世界的な自動車部品サプライヤーとして、世界61ヵ国で事業展開をしています。自動運転、電動化、コネクティビティといった自動車産業のメガトレンドすべての発展に取り組み、モビリティの未来に必要なソリューションを提供していくことにより、お客さまのよきパートナーであることを目指しています。

日本においては、日清紡との合弁会社として2000年にコンチネンタル・ジャパンが設立されました。2007年には、現在の横浜市に本社機能およびコンチネンタル・エンジニアリング・センターを開設し、日本のお客さまへ向けた開発、技術・製品をご提供しています。日本の道路環境や交通事情に応じた最適なソリューションをご提供するため、専用車両を用いてさまざまな検証を行っています。


社名
コンチネンタル・オートモーティブ株式会社
コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン株式会社
設立
2000年12月4日
代表取締役社長
ベルトルド・ヴォーフラム
事業内容
自動車部品メーカー
売上高
440億ユーロ(2017年グローバル実績)
事業年度
1月1日~12月31日
従業員数
235,473人(グローバル)
約1,600人(日本)
拠点
61ヵ国554拠点(グローバル)
13拠点(日本)
所在地本社神奈川県神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜ビル

工場(VED事業部)
静岡県浜松市浜北区中瀬8000

研究開発コンチネンタル・エンジニアリング・センター(横浜、豊田)

テストセンター旭、紋別
事業所浜松オフィス
静岡県浜松市中区板屋町111-2 アクトシティ

広島オフィス広島県広島市南区1-7 アスティ広島京橋ビル

太田オフィス群馬県太田市飯田町1245-1 金十清水ビル

田町オフィス東京都港区芝浦3-13-16

宇都宮オフィス栃木県宇都宮市東宿郷4-2-16 TG宇都宮ビル


会社案内 (PDF, 4.6 MB)


Yokohama HQ