Visualisierung der Wertschöpfung bei Continental durch das Symbolbild eines Baumes.
© Continental AG

The Future in Motion

コンチネンタルでは、ビジネスモデルと価値創造を、成長する「木」をシンボルとして表しています。

© Continental AG

​​​​​​​

この木は、4つの価値観、企業文化を根とし、伝統を未来と結びつけています。

幹を流れる3つのバリューストリームによって木は成長し、活動の成果として樹幹に果実を実らせます。ビジョンおよびミッションに従って、広い視野で戦略を遂行しています。


私たちの目的:お客様満足

目標達成のための手段:安全、クリーン、インテリジェントで快適なモビリティに誰もがアクセスできること


私たちのゴール:

組織として未来に立ち向かう体制を整えること

根:企業文化とコアイニシアチブ

継続的な成功の芽生えは、1871年の設立にさかのぼります。それ以来、コンチネンタルは、絶え間なく成長を続けています。

その間、227,000名を超える従業員が、世界中で、伝統的であり、重要な4つの価値観を共有し結束しています。「信頼」、「勝利への情熱」、「自律・自立」、そして「支え合い」です。

価値が価値を生み出すこと理解し、将来の成長能力はその価値に根ざしています。各ステークホルダーのそれぞれの強みは、健全で意識的に育てられた企業文化の中でしか発揮できないと考えています。そこから利益を伴った成長に必要なエネルギーを生み、最大限の価値をもたらしてくれます。利益を伴う成長を体系的に促進し、さらに形作ることが、4つの重要なコアイニシアチブの課題となります。


  • 最高レベルの品質を提供する「クオリテファースト」(品質第一主義)
  • 最大限可能な生産性と健全なワークフローを実現するコンチネンタル・ビジネス・システム(CBS)
  • 世界規模での競争の中でチーム行動を開発する、超現代的な企業文化
  • 責任の集中と分権の度合いを適正に保つ「バランス・オブ・コーポレーション」(協力関係のバランス) 


4つのコアイニシアチブすべてが、私たちの日々の活動と行動を形成し、このコアイニシアチブにより、体系的かつ継続的なトップパフォーマンスを目指しています。


かつて私たちは馬力とバッファーで成長しました。今日の成長ドライバーはギガビット・ギガバイト(IT分野)です。タイヤメーカー、オートモーティブサプライヤー、インダストリーパートナーのコンチネンタルから、業界をリードするテクノロジー、サービスメーカーへと形を変える移行プロセスにあります。絶え間ない変化の中にチャンスはあります。

エルマー・デゲンハート、コンチネンタル 取締役会会長

幹:いかにして利益を伴った成長を続けていくか

コンチネンタルのシンボルである木の幹は、3つのバリューストリームで構成されています。それは、イノベーション、生産性、グローバル成長であり、価値創造の裏にある原動力となっています。


バリューストリーム・イノベーション:他社に先駆け最高のアイデアを市場導入

第1のバリューストリームで、最高のアイデアを市場導入可能な製品、システム、機能、ソリューションへと変化させます。アイデアと市場成功のコンビネーションをイノベーションと呼びます。

イノベーションは、利益を伴う成長形態の中に存在しています。他社に先駆け、業界をリードする革新的な技術と新しいビジネスモデルを市場導入することが私たちの成長を確実なものにしてくれるからです。

私たちは、企業文化を体系的にデザインし、従業員に最大限の柔軟性と自由精神を与えています。その目的は、全従業員が個々のスキルや才能といった潜在能力を最大に発揮し、業務や目標遂行で成長し、企業全体の成功に全力で貢献するすることです。このようにして、組織全体の創造力を最大限に当社組織の全創造力を最大限に利用します。

電気自動車の分野では、コンチネンタルは最先端を行っています。この数年で未来領域に10億ユーロ超の投資をしました。このトレンドは高まっています。

エルマー・デゲンハート、コンチネンタル取締役会会長


生産性バリューストリーム:効果と効率とのコンビネーションで競争力を維持

生産性とは、効率と効果とのコンビネーションです。効率的であるとは、サービスを正しい方法で提供することであり、資源節約、最小限エフォートで本質的なものに集中することを意味します。しかしながら、これらのファクター単独では価値創造をすることができません。最悪の場合には、効率的に製造しながらも、市場需要を逃してしまうことがあるでしょう。このことから、有効性も同時に必要になります。効果的であるとは、適切なサービスに集中することであり、望んだ結果、特に、お客様の熱意を鼓舞させるような結果に結びつくことを表します。

したがって、利益に対するコスト比率を最適化できれば、生産的といえるでしょう。

コンチネンタルは、生産性を毎年高め、競争力と価値創造をあげています。

「迅速な情報フロー、連続的なプロセス、継続的な改善:リーンマネジメントの原理に基づいてフロー原理と呼んでいます。渋滞、待ち時間なく、信号機の代わりに環状交差点。コンチネンタル・ビジネス・システム(CBS)を利用し、不必要にお客様への道を遅らせるもの体系的に取り除きます。」

エルマー・デゲンハート、コンチネンタル取締役会会長

 

世界レベルで、利益を伴ったバリューストリーム成長:サスティナブルで、コネクテッドなモビリティ実現にむけて

第3のバリューストリームで、価値創造の機会を世界市場に展開します。クルマ、個々のモビリティへの需要は世界レベルで増大しており、コンチネンタルは、その流れと共に、さらに市場成長よりも早く成長したいと考えています。そのためには、常に変化する市場の要求とお客様のリクエストに迅速に対応できることが求められています。柔軟性が求められており、企業価値と戦略に組み込まれています。

コンチネンタルの戦略モットー:可能な限り分権、必要に応じ中央集権。可能な限り、開発、生産、購買の現地化を進め、「マーケットで、そのマーケットのために」事業を進めています。

樹冠:ビジョン、ミッション、7つの戦略的次元

企業戦略の成果は、私たちのツリーの樹冠に生育する果実は、企業戦略の成果です。その果実は、コンチネンタルが企業として、そして、全スタッフで創造した価値です。この価値がお客様、従業員、投資家、お取引先様、社会など、コンチネンタルのすべての「ステークホルダー」グループに利益をもたらし、私たちの組織を将来に向け持続可能にします。


私たちは、すべての市場に、そしてすべてのお客様に最良のソリューションを提供し、ステークホルダーの皆様から、最大限の価値を創造する信頼できるパートナーとして評価いただきたいと考えています。コンチネンタルのソリューションが、生命と健康の保護、生活の質の向上、進歩の加速、環境への配慮、個人の成長機会の拡大など、人と社会にさまざまなメリットをもたらします。