クリーン・パワーデータ
© Continental AG

パワートレイン

ドライブに必要なエネルギー

安全で、エコドライブで、リラックスして目的地に到着することが、運転の理想形でしょう。世界中の人々がモビリティについて注目しています。同時に、モビリティは現在根底から変化しつつあります。コンチネンタルのパワートレイン部門は、ドライブテクノロジー分野の変化に対応する基礎を構築しています。

効率性に優れた燃焼機関向けのソリューションを開発する世界有数のメーカーであり、インジェクター、ターボチャージャー、トランスミッション制御ユニット、センサー技術、アクチュエータ、排気後処理分野でのパワーアップを目指して、技術開発の発展に取り組んでいます。

しかしながら、ドライブテクノロジーの未来はすでに始まっています。コンチネンタルは、効率的なシステム技術分野で、また、追加の動力源として電力を使用した、電気自動車を経済的に車両統合するパイオニアです。私たちのモビリティソリューションは、自動車市場全体に広がっており、スケーラビリティといったインテリジェント原理やさまざまなソリューションを組み合わせる能力を利用し、2輪車から乗用車、幅広い商用車群まで、また、電気エンジン、燃焼エンジンをカバーしています。

これら2つの分野のイノベーションの最終目標は共通しており、二酸化炭素と排出物の低減であり、パワートレイン部門が電動化、スマートエネルギー管理、燃焼機関、排気後処理、ドライブトレイン効率化の5つのソリューションで追求する目標でもあります。この目標はパワートレイン部門の組織にも反映されており、エンジンシステム、フューエル&エギゾーストマネジメント、ハイブリッド電気自動車、センサー&アクチュエータ、トランスミッションという5つの事業部でビジネスを行っています。

この部門の詳細は、コンチネンタルのウェブサイトをご覧ください。