クリーン・パワーデータ
© Continental AG

デジタル化

デジタル化によって、革新的な車両テクノロジーはさらに魅力的に

情報管理用のインテリジェントソリューション、新しいモビリティソリューション、運転の安全性を高めるテクノロジー、優れた省エネ駆動システム:コンチネンタルでは、自動車メーカー、産業界、新しい市場参加者がモビリティをできる限り楽しめるように、成長し続けるデジタル化の可能性を採用しています。車両の安全やサステナビリティなどの要素と組み合わせ、コンチネンタルは運転中の快適性と利便性を向上するテクノロジーを求め、それを促進します。

車両全体の技術強化

コンチネンタルでは、カードライバーの視点からさまざまな要素を考慮しています。電子イモビライザー、キーレスエントリー、イグニッションシステム、ユーザーフレンドリーな車載コンピューターは、今や数多くの車両に期待される最小レベルの快適性と利便性に過ぎません。多年にわたり、コンチネンタルは最新の車両テクノロジーを使用して車内の快適性と利便性を強化してきました。また、運転の快適性と利便性をさらに高めるための新しいソリューションを開発し続けています。日常の生活空間のデジタル化によって、モビリティの統合も加速しています。未来の車両は「知覚インテリジェンス.」を十二分に活用することになるでしょう。

運転をさらに楽しくする

安全性と効率性のほか、モビリティのカスタマイズに関してますます重要性が高まっている要素は快適性です。コンチネンタルは、幅広い範囲の車両クラスに魅力的なインテリジェント機能を装備することで、世界中の自動車メーカーを支援しています。対象が小型車の新米ドライバーであろうと、商業車の専門ドライバーであろうと、インテリジェント空調システムや個別の空調制御シートをはじめ、コンチネンタルは車内の快適さを完全にコントロールするシステムを開発・提供します。コンチネンタルは、自動車メーカーの開発パートナーとしてご利用いただけます。インテリジェント輸送システムの開発からも、新しい可能性が誕生しています。将来的には、コンチネンタルがお届けするクラウドベースのソフトウェアソリューションによって、ドライバーと同乗者はもちろん、運送産業にもさらなる快適さが実現される予定です。

自動車産業におけるデジタル化

デジタル化は、コンチネンタルに幅広い開発領域を提供しました。インテリジェント輸送システムから車載ソフトウェア、電子部品に至るまで、すべての要素が密接に連携することで、新しい機能や効率性向上の機会が生まれ、未来の自動車がさまざまな用途でさらに魅力的なります。子会社のエレクトロビットを介し、コンチネンタルは自動車産業で成長し続けているソフトウェアソリューションの需要に応えるため、高品質の特殊開発パートナーを提供しています。デジタル化の可能性とソリューションに関する詳細をご覧ください。
コンチネンタルにおけるデジタル化に関する詳細をご覧ください。最新の関連情報については、以下をご覧ください。

コンチネンタルのインテリジェント輸送システム

効率性、安全性、接続性は、2016年の自動車展示会の目玉でした。IAA乗用車展示会2016に関するコンチネンタルの最重要ニュースについては、こちらをクリックしてください。
「デジタル価格の罠にはまる運送産業」:コンチネンタルモビリティ研究2016(物流の専門家、運送会社、トラックドライバーの経験、要望、課題の特集)

先進運転支援システム、セキュリティソリューション、クリーンドライブのコンセプト、総合接続機能:自動車産業がソフトウェアおよびモビリティサービスの方向へ急激なシフトを続けている状況に伴い、コンチネンタルの先駆的製品リストは拡大の一途をたどっています。自動車産業のデジタル化について自社の見解を示すため、国際テクノロジー企業はラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)でさまざまな製品とサービスを展示しました。