安全運転
© Continental

安全性

より安全な運転を実現するための自動車技術

世界中で運用される車両数は10億台を超えており、その結果交通量が増大し、事故の数も急増しています。交通事故死と物損事故の数をできる限り減らすため、コンチネンタルでは、あらゆる車両クラスで車両の安全性を向上する新しいシステムの開発に常に取り組んでいます。私たちの目標は無事故社会の実現です。これを「ビジョン・ゼロ」と名付けました。

能動的かつ受動的に車両の安全を守る

「無事故社会」の目標を達成するためには、運転支援システムが基礎となります。コンチネンタルでは、人々がテクノロジーを信頼すれば自動運転は成功するものと予想しています。インテリジェント車両テクノロジーにより、コンチネンタルは自動車メーカーが路上の安全を大幅に向上するお手伝いをしています。セーフティーシステムはアクティブとパッシブの2種類に区別されます。アクティブシステムは、ドライバーに走行中の危険を警告し、介入します。一方、パッシブシステムは事故に備えて最適な保護機能を提供します。たとえば、電子先進運転支援システムとブレーキシステムは予防的効果を発揮しますが、緊急時にはステアリングとブレーキ、車両の制動を補助する役割を果たします。これによって、最新のタイヤを装着した車両では、事故の可能性が最小限に抑えられます。エアバッグ、シートベルト(拘束装置)、歩行者保護を連動することで、運転支援システムは車両全体の安全性を高めます。

安全性と自動運転

今日の車両に搭載された先進運転支援システムは、未来の自動運転機能の基礎を形成します。たとえば、今日の車線逸脱警告システムは、他の車輌システムとネットワーク接続することで、部分的に自動走行支援システムとなり、目的の速度も維持します。先進運転支援システムは、すべての高水準車両機能を保護するため、未来の高度な完全自動運転機能による安全運転も保証します。

自動車産業における安全運転

コンチネンタルにおける安全運転に関する詳細をご覧ください。安全運転に関する最新の関連情報については、以下をご覧ください。

ドライバーが目を離しても監視を継続

さらに安全性を高めるためのあらゆる感知システム

SensePlanAct - コンチネンタルが目指す無事故社会の実現目標「ビジョン・ゼロ」に最高の条件​​​​​​​