自動運転
© Continental

自動運転

自動運転 – 未来が現実に

車線逸脱警告システムからブレーキアシストシステム(BAS)まで、今日の先進運転者支援システムが未来の自動運転の基礎を築いています。コンチネンタルでは、このトレンドを推進するため、イノベーションの総力を注ぎ込み、ドライバーが望めば、より多くの運転機能を引き継げるインテリジェントなテクノロジーを開発しています。その利点は安全性、快適性、利便性、効率性の向上です。

ドライバーはシートにもたれてリラックス – 自動化の波

自動化は運転の諸要素に劇的な変化を与えます。将来的に、交通量が増加することで、ドライバーは車内で過ごす時間が増えることになっても、現状では運転以外の作業をすることはできません。発進、停車、限られたスペースでの駐車は、面倒な作業ではなくなります。先進運転者支援システムが、すでに特定の状況で車両誘導を自動車にゆだねています。運転の一部自動化から完全自動化に向け、大きな進展が今後生まれるでしょう。ドライバーは運転の躍動感、情熱、楽しさを維持しながらも、ボタンひとつでシステムのオン・オフを切り替えることができるようになります。

総合的なテストと機能改善の継続

コンチネンタルのスペシャリストが、さまざまな分野で自動運転のトレンド推進に力を注いでおり、グローバルサプライヤーとして、コンチネンタルは自動運転の課題に取り組んでいます。たとえば、当面の課題は新しいセンサー技術や、高性能コンピューターシステムの開発です。自動運転に求められるヒューマン・マシン・ダイアログには、新たなコンポーネントとソリューションが必要です。路上の車両が形成するクラスターインテリジェンスにより、高度に自動化された車両や完全自動化された車両は、曲がり角の先を見ることができるようになります。大容量データの送受信は信頼性ある方法でやり取りされなくてはないません。これらを開発する上で基礎となる先進運転者支援システムは、自動運転が直面している6番目の課題「社会での受容性」を克服する上で重要なサービスをすでに提供しています。

完全自動運転に向けた課題

センサー技術:「ゼロアクシデント」のコンセプトはもはや理想郷の話ではありません。その根拠は、車両周囲の状況を人間以上に記録するセンサーを備えた高度運転者支援システムにあります。バックミラーに代えてカメラシステムを使うことで、安全性が高まるだけでなく、車両からCO2排出量を減らすことできます。センサーフュージョン、そして最終的にはセンサーデータの評価を目的として、コンチネンタルは人工知能の使用を研究すると同時に、センサー技術とエレクトロニクスに関する幅広い知識を開発プロセスに生かそうとしています。

クラスターインテリジェンス:インターネットは車の第6感になるでしょう。コンチネンタルは、高精度の道路情報を提供する強力なバックエンドの実現に取り組んでいます。その基本は、交通システムと連携して道路ユーザー間で共有するセンサーデータです。データを共有することでセンサーはより広範囲を検知でき、車は「カーブの向こう側を見る」ことが可能になります。

ヒューマン・マシン・ダイアログ:完全自動運転で高速道路の出口まで走り、そこからドライバーが再度自分で運転する場合、どのような戦略が考えられるでしょう?コンチネンタルは、このような場合に対応できるシステムや、車とドライバーの間での対話全般に関する将来のシステムを開発中です。同時に、ヒューマン・マシン・ダイアログのニーズの変化に対応する新たなソリューションもテスト中です。

システムアーキテクチャ:自動運転のための将来的なシステムアーキテクチャは、車内で処理される膨大な量のデータを安全に管理できるものではなくてはなりません。1分間に1ギガバイトのセンサーデータをリアルタイムで処理しなくてはいけません。センサー出力の増大とそれに伴うデータ量の増加は、強力で信頼性に優れた電子機器とソフトウェアアーキテクチャを必要とします。

信頼性:現在、ドライバーを支援するために高度運転者支援システムが使用されています。自動運転中に不具合が発生した場合に、車は安全に運転を続けるか、制御された状態で安全に停止できなくてはいけません。このための冗長ブレーキシステムをすでに開発中です。不正操作への防御も考えなくてはいけません。コンチネンタルはIT業界や自動車業界の他社パートナーと協力し、このような試みを検知して車両システムを守るためのプロセスを開発しようと取り組んでいます。この種のセキュリティーには、車が寿命を終えるまで最新の技術水準を保つため、ソフトウェアを絶えず更新することが求められます。

自動運転の受容:コンチネンタルのリサーチでは、使われている技術を人々が信頼すれば自動運転は受け入れられるとみています。信頼はドライバーと車のインテリジェントな対話から生まれます。ドライバーは、車が次に何をしようとしているのかを常に正確に把握しなくてはいけません。高度運転者支援システムやドライバー情報システムの開発者は、このことを考慮に入れています。このようなシステムが普及するにつれて、将来の自動運転機能を受け入れる人も増えていくことでしょう。

自動車業界にこえる自動運転

自動運転に関する最新情報について、インターネットプラットフォーム2025AD.comで情報を発信しています。このサイトでは、コンチネンタルの自動運転に関する最新レポート、専門化による記事の提供も行っています。関連記事へのリンクは以下の通りです。

コンチネンタルにおける自動運転

自動運転向けのコンチネンタル製品

2025AD.com – 自動運転に関するニュース、分析、ディスカッション

物流分野での自動運転化について、専門化、運送会社、トラックドライバーの視点から課題を特集したコンチネンタル・モビリティ・スタディ2016:「物流分野における自動運転化への道のりはまだ遠い」