クリーン・パワーデータ
© Continental AG

Eモビリティ

電動ドライブシステムがモビリティを変える

ここ数年、動力伝達システムの電動化が飛躍的に発展しています。ガソリン/ディーゼルエンジン向けの革新的なソリューションと電気駆動システムは、効率性に優れCO2排出量の少ない車両の基礎を形成します。コンチネンタルは「クリーンパワー」のビジョンを掲げ、クリーンモビリティの可能性を実証しています。諸要素の連携を深めることで、より環境にやさしく、快適なインテリジェントモビリティが約束されます。

電動化の意味

発車/停車装置や48Vハイブリッドコンポーネントから、完全電動自動車用システムまで、カスタマイズされた電動化が徐々に車両に導入されつつあります。コンチネンタルでは、総合的なテクノロジーを背景に、こうした自動車メーカーが求めるコンポーネントやシステムを提供しています。

地球環境の保護を重視

環境にやさしい車両:長い目で見ると、自動車や二輪車の電動化は、CO2排出量が少なく効率性に優れた車両になくてはならない要素になることが見込まれます。これは、革新的な動力伝達テクノロジーの開発によって、CO2排出量と排気ガスを大幅に削減することが可能だからです。さまざまな車両システムの連携と、軽量デザイン用に最適化された混合資材は、未来の一般道、高速道路、大都市圏内などで長期的なエネルギー消費の削減に貢献します。

エレクトリックモビリティにぴったりな軽量デザイン

自動車産業では、ドライバーのさまざまな不安に対処するため、さまざまなアプローチを採用していますが、中でも重要な役割を担うのが軽量デザインです。たとえば、旧モデルに比べ50%も軽いブレーキブースターを開発することで、CO2排出量を大幅に削減できます。また、車体に関しても例を挙げれば、ポリアミド製のサポート用軸受は車体重量を軽量化します。同時に、プラスチック加工も乗り心地をさらに向上させます。快適さを最大限に高めた環境にやさしい自動車は、軽量デザインが鍵を握っているのです!

目標は環境に配慮した車両システムの開発

効率性はサステナビリティと密接に関係します。効率性が高く環境にやさしい自動車は、エネルギー消費を抑え、CO2排出量を大幅に削減します。したがって、ディーゼル/ガソリンエンジンの電動化(ハイブリッド駆動)によって、CO2排出量と排気ガスは大幅に削減可能です。詳しくは、エレクトリックモビリティをご覧ください。

自動車産業におけるエレクトリックモビリティ

エレクトリックモビリティと電動化に関してコンチネンタルがまとめた最新のレポートは、以下でご覧いただけます。

コンチネンタルにおけるエレクトリックモビリティ

最新プレスリリース